こんな事があるの!?クレジットカード現金化の気になる問題点3つとは?

審査が必要ない、即日現金が手に入る、主婦やフリーターなど職業関係なくできる。
クレジットカード現金化のメリットは色んなところで語られていますが、逆にデメリットはないのか?と疑問に思った人も多いのではないでしょうか。
今回はクレジットカード現金化の良い点ではなく、悪いところに触れていきたいと思います。
果たして、クレジットカード現金化にはどんな問題点があり、その対処法はあるのでしょうか?

カード会社の規約違反になる

クレジットカード現金化は法律違反ではない、これは事実です。
しかし、最初から転売を目的にクレジットカードで商品を購入する行為は、実はカード会社の規約違反になってしまいます。
クレジットカードのショッピング枠はあくまでも商品の購入に使われる枠であり、そこを現金化するという行為は、どのカード会社でも禁止しています。
もし、クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまった場合、規約違反として、カードの利用停止になってしまったり、支払いの一括返済を求められたりなどの不利益が生じてしまうので気を付けましょう。
クレジットカード現金化をする時は、カード会社にバレない事を心掛けて、細心の注意を払って行うと安心です。

高額の現金化をしてしまうと後で返済に困る事も

クレジットカード現金化では商品を購入or転売して終わりではありません、購入した商品の代金は、後でカード会社に支払う義務があります。
しかし、購入した商品の代金があまりに高額だと、後の返済で困るケースがあるんです。
例えば、10万円を現金化した場合、後でその返済をカード会社にしなくてはいけませんが、一括返済を選んでいると、収入によっては支払いは厳しいものになるでしょう。
もし、カード会社への返済が滞ってしまうと、連絡が来たり、延滞金を支払わなくてはいけなかったりとペナルティがあるので、返済できない金額を現金化するのは危険です。
支払いは分割払い又はリボ払いを選ぶ、高額の現金化はしないを徹底すれば、この問題は防げるので、気をつけてみてくださいね。

悪質業者を利用するとトラブルに巻き込まれる危険がある

現金化業者の大半は法律を守っている安全な優良業者ですが、中には利用者を騙すのを目的とした悪質な業者も紛れています。
そんな悪質業者を利用してしまうと
  • 高額な手数料を取られる
  • クレジットカードを無断使用される
  • 個人情報を売られる、悪用される
などの、トラブルに巻き込まれてしまう危険があり、大変な問題です。
しかし、この問題も防ぐ方法はあり、例えば、悪質業者を見抜いて利用しない、というものがあります。
悪質業者はいくつかの特徴を持っていて、例えば
  • ホームページの作りが雑
  • 会社の住所や代表者の名前がホームページに載っていない
  • 連絡先が携帯番号
  • 口コミ評判が悪い
などがその特徴で、これらに一つでも当てはまっていれば悪質業者と断定できるので、その業者を利用しなければ、この問題は避ける事ができます。
現金化業者は沢山あって選ぶのは困らないので、少しでも怪しいと感じたら、他の業者を探した方が安全ですね。

問題点も頭に入れて安全にクレジットカード現金化をしよう!

今回紹介したように、クレジットカード現金化には、
  • カードの規約違反
  • 高額現金化は後の返済に困る可能性がある
  • 悪質業者の利用でトラブルに巻き込まれる危険
と、問題点もあります。
全て対処法があるとはいえ、もしこれらの問題に巻き込まれてしまうと、自分にも損害が出るので気を付けましょう。
便利な金策のクレジットカード現金化、行う時は安心安全を心掛けて、問題が起きないようにに注意してくださいね!