クレジットカード現金化を疑われた時の言い訳について

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、だからといって何度も繰り返しやっているとカード会社から連絡がきてカードの強制解約や利用停止などを迫られます。
では、怪しまれた場合に逃れる方法はないのでしょうか。
以下で見ていきましょう。

なぜカード会社から連絡がくるの?

クレジットカード現金化を繰り返していて、なぜかカード会社から様々なことを聞かれ挙句の果てにカードを解約させられてしまったという人もいるのではないでしょうか。
そのような人は、現金化に対する意識が若干低いと言わざるを得ません。
確かに現金化は簡単に現金を手にできるため繰り返してしまいがちですが、実はカード会社の利用規約に触れる可能性もあるのです。
規約をきちんと読み把握していれば繰り返すことはないでしょうが、現実には把握せずに手続きをしてしまう人が数え切れないほどいるのです。
ただ、連絡がきてもしっかり対応できれば問題はありません。

疑われるような理由は?

実はクレジットカード利用者が何を買ったのかといった情報は、当たり前ですがカード会社がすべて把握しています。
そのため、突然高額商品を購入するようになったり支払いを滞納しているような場合には疑いの目を向けられることとなります。
普段から高額商品ばかりを買っていて、滞納履歴もなければ何の連絡もないのでしょうが突然に行動が変わったと判断されてしまうと、連絡がきてしまいます。
ある日を境に大金を手にしたり、収入がアップしたためそのような行動に至ったのであればカード会社からの質問にその通りに答えるのがベストです。
では、そうでない人はどうすれば良いのでしょうか。

言い訳~ブランド品の場合~

現金化を目的として高額商品を買いまくっている人が仮にカード会社から連絡がきた場合、言い訳を考えておく必要があります。
そうしないとせっかく作ったカードが使えなくなる可能性があるからです。
ここではブランド品に的を絞って見ていきましょう。
今までブランド品など買ったことがなかったり、今までとは比べ物にならないような高額の商品の購入を繰り返していると恐らく連絡がきます。
その場合の言い訳として考えられるのは、「友人や家族へのプレゼント」です。
もちろんこの言い訳ですべてが上手くいくとは言い切れませんが、あくまで例として頭に入れておいてください。
プレゼントのためだと言い切れば、カード会社はそこから突っ込むことはできなくなります。
なぜなら、カード会社は利用者のカード情報は把握していても友人や家族関係などは全く分からないためです。
ちなみに、購入目的はもちろんのことどのようなブランドでその形状や金額など問われる可能性もありますので、しっかり準備しておくようにしましょう。

まとめ

今回はブランド品に限定して言い訳について解説してきましたが、実はゲーム機や回数券なども「プレゼントのため」で乗り切れる場合も少なくありません。
その際にもゲーム機の機種や回数券の区間などを答えられるように事前の準備が求められます。
こうした言い訳で乗り切るのも決して悪くはないのですが、どうしても嘘をつくのは苦手だという人は現金化を繰り返さなければ良いのです。
何か月に1回などのように期間を空けて利用するのをおすすめします。