クレジットカード現金化を効率良く行おう

クレジットカード現金化で効率が良いのは「自分で現金化」するやり方でしょうか、それとも「専門業者」を利用したやり方でしょうか。
結論からいうと、どちらもメリットがありデメリットがあります。
特徴を掴んで自分自身に適したやり方で現金化してみましょう。

換金率について

「自分自身で現金化」する場合の換金率については効率良くといった印象です。
クレジットカードを使って購入する商品によって差がありますが、それでも70%~98%の換金率が謳われています。
一方の「現金化業者」を利用した場合の換金率については効率的にいえば普通、あるいはそれ以下となります。
換金率の相場は65%~85%です。
しかし、悪質業者もなかにはいるので、手数料などを引かれてしまいます。
どんな手段で商品を購入したかにもよりますが、効率良くというなら自分自身で現金化するのが良いでしょう。

リスクについて

「自分自身で現金化」する場合のリスクについて調べてみると、効率は悪いといえます。
というのはクレジットカード現金化に関する知識不足によってカード会社にバレやすくなります。
さらに、商品選びが難しいといったデメリットがあり、効率良くとはいかない傾向です。
一方「現金化業者」を利用して現金化する場合のリスクについて調べてみると、効率良くといえます。
クレジットカード現金化の専門なので、カードトラブルがゼロです。
これは、専門業者がリスクの少ない商品を選定してくれることにあり、カード会社からバレにくいようです。

換金スピードについて

「自分自身で現金化」する場合の換金スピードについては効率が悪いとも良いともいえます。
どこで商品を売却するかで異なります。
即日での現金化が厳しい場合もあります。
売るだけでなく、購入するにも手間がかかります。
一方「現金化業者」を利用した場合の換金スピードについては効率が良いといえます。
2回目からの利用であれば、申し込みから最短5分、しかも口座振り込みであれ、15時以降でも換金ができます。

主な商品について

「自分自身で現金化」する場合の商品については効率良くと思える商品を探すことがポイントになります。
新幹線チケット・商品券・ブランド品・ゲーム機などがあります。
金券ならば金券ショップに持ち込みができ、すぐに現金化ができます。
しかし、近場に金券ショップがないなら、インターネット経由となり、送ったり、振り込みに時間がかかります。
一方、「現金化業者」の商品はキャッシュバック方式による商品です。
安い商品ばかり、加えて、クレジットカードで購入しても自宅に商品が届くワケでもなく、電子版の商品になります。
ネットワークを駆使しており、データだけが瞬時にパソコンに入るといったイメージです。
なので配送に時間もかかりません。
Amazonギフト券も買取業者の取り扱い商品です。
効率よくと思えば「現金化業者」を利用するのが一利あります。
適した商品を選んでもくれます。

まとめ

クレジットカード現金化は効率良く利用したいものです。
そのため、換金率でいえば、手数料が引かれない自分自身で行うほうが良いでしょう。
しかし、トータル的にいえば、現金化業者がおすすめできます。