クレジットカード現金化は金券ショップを利用するとお得

クレジットカード現金の方法として、金券ショップを利用することがあげられます。
自分で行うことができ、時間や手間がある程度かかりますが、業者へ依頼するケースと比較すると高い換金率で処理することが可能です。
高い手数料を抑えることができる便利な方法です。

金券ショップは簡単に利用できます

金券ショップを利用する場合、クレジットカードでいろいろなギフト券や商品券などを購入した後、高価買取しているショップで転売するだけです。
商品券やギフト券の換金率はだいたい90~95%ぐらいで、高く売れる種類は決まっています。
おすすめなのが全国百貨店共通券や信販系ギフト券などで、これらは安定した需要があり95%以上換金率を誇ります。
安く買い叩かれたり断られることはまずないでしょう。
現金化において人気商品と言うと家電や最新ゲーム機などが対象ですが、これらの換金率はだいたい60~85%です。
相場は安定しておらず、人気のない商品を購入すると換金率が低くなるケースがあります。
商品券やギフト券などは比較的安定しており、安心して購入することが可能です。
金券を購入したり売却するのに時間や手間がかかりますが、その分高い換金率を利用することができます。
時間的に余裕があって少しでも良い条件で現金化したい人におすすめの方法です。

幅広い店舗で高価買取対象になっています

商品券やギフト券などの売買というと金券ショップをよくイメージしますが、リサイクルショップなどでも高価買取していることが多いです。
店舗によって買取価格にそれほど差がなく、ショップを巡って比較しなくても大丈夫です。
金券ショップでは1枚から買取したり、大量買取など柔軟に対応しているショップがたくさんあります。
金額に関係なく気軽に相談して買取依頼することが可能です。
購入する時に消費税がかからないこともメリットで、商品券などは非課税商品になるので購入時において消費税はかかりません。
商品券などに消費税をかけると、商品券で購入したアイテムに消費税が発生するので、二重に消費税を支払うことになります。
消費税非課税によって商品券を現金化する場合、他のアイテムよりも換金率がかなりお得になるでしょう。
商品券などに発行料や送料といった手数料が発生することもあり、そのような場合消費税がかかることになるので注意が必要です。

クレジットカードの利用が停止されることもあります

クレジットカードで商品券を購入する場合、その回数によってはカード利用停止リスクが高くなるケースがあります。
ギフト券や回数券などにはいろいろな種類がありますが、カードで購入できるアイテムは限定されています。
クレジットカード決済ができる金券を大量に買うと、クレジットカード会社が決済を停止するケースもあるので注意が必要です。
その理由はとしてクレジットカード会社には利用規約があり、利用規約には換金目的で利用することは禁止すると記載されています。
金券ショップを利用して買取する目的で、ギフト券や回数券などを購入することはもともと禁止されています。
クレジットカードで金券などを買うこと自体禁止や制限がありませんが、百貨店やギフトカードなど商品券を大量に購入すると、換金目的での購入と判断されるのでクレジットカードがストップされるケースがあります。
換金性の高いアイテムの購入履歴は監視されているので注意が必要です。

換金率は変動することがあります

金券ショップのメリットとして高い換金率があげられますが、常に一定値で固定されていません。
ショップの売れ行きなどによって、店の換金率は変化していきます。
中にはクレジットカード現金化を目的にして、金券転売していることがショップ側が気付かれると、お金に困っていると見透かされてしまい、低い換金率で買取を提案するかもしれません。
低い換金率ならその店でわざわざ現金化しなくても良く、相場よりも安い価格が提示されたなら別のショップを探してみるのも良いでしょう。
クレジットカードを使って商品券を購入する場合、一定の条件があります。
VISAギフトやUCギフト券など信販系ギフト券の場合、各信販会社が発行しているクレジットカードで購入するようになっています。
そのため商品券の種類によっては利用できないものもあるので、事前に確認しておきましょう。
もし急いでいるなら現金化専門業者を利用すると、即日対応してくれるところが多いので便利です。

まとめ

商品券は買取市場において人気が高く、換金率95%以上が多いです。
クレジットカード現金化にはおすすめの方法ですが、在庫状況などによって受け取りまで1週間以上かかることもあるでしょう。
クレジットカードによって購入できるギフト券が限られているので注意が必要です。
クレジットカード利用停止といったリスクもあるので、現金化業者を利用する方法もあります。